未分類

草食男子卒業?肉をくらって肉食男子になる。

投稿日:

住まいから車を走らせ10分ほどにできた焼肉屋に行ってきました。
黒塗りの建物でちょっと高級感ある、いや高級なんだろうと「和牛」と書かれた看板で想像できました。

若い頃は焼肉と言えば、食べ放題のバイキングばかり。時間制限があるのでその時間内に(もとをとってやる!)くらいに張り切って、気になる肉を手当たり次第とっては焼いて、たいしてよく味わいもせず(笑)白飯とともにガツガツ食べていた記憶があります。

今は、私も少しずつオジサンの階段を上りつつあり胃も縮みつつあり、昔ほど「元がとれるまで」食べられなくなってきました。徐々に大人になり、「腹さえ膨れれば」みたいな感じから、味にもこだわりたいという欲も芽生え、給料も出たところだし、よし!という気になったのです。

大きな道沿いに建物がありますが、入り口と駐車場は一本通りを入った側にあるので、車で走るときはヒトの入り具合がわからず、流行っているのかどうかわからず。。。
ちょっと心配になり、「食べログ」をみると評価「3.1」
なんとも微妙な感じですが、ま、いちど行こうぜ!ということで予約をしました。

週末の土曜日、駐車場もいっぱいで予約しておいて大正解。
待っている人の間を優越感とともに通り抜け、席に通されました。
モダンな店内。座卓メインの席は、それぞれ簾(すだれ)で仕切られていているのでプラベート空間は確保されています。

席につくまでのほんのわずかの間に、各テーブルからジュージューと焼かれたお肉のニオイをかぎながらきたせいで、一気に空腹となってしまい、席につきメニューを見つけると、あれもこれも目移りしてしまいました。

壁をみると、取り扱い牛の一覧が張られ、飛騨牛、宮城牛、近江牛、佐賀牛、メニューの金額と壁の一覧が合致して、(やっぱり今日は心せねば!)と一瞬思いましたが、食べたいモノを食べようと決めました。

3人満場一致で、まずはカルビ、ロース、タン、それからホルモン、私はミノ好きなのでミノをオーダー。それほど待つことなく、肉が運ばれてきて、網にのせると元気のいい「じゅ~」!
と同時に炎が網から立ち上がりました。
お店の特製のたれはちょっと甘めでしたがおいしかった!
両面はほどよく焦げて中身はミディアムレア!たれをさっとつけて口に入れると、

「ん~んまっ」

柔らかくてとってもジューシー、変な肉臭くなくて、嫌な脂っぽさもなくて、最高!
ミノのコリコリ感は、ほんまもん!バイキングの「ゴム」じゃない(笑)

一緒の友人が「生ハツ」が食べたいというので、私も初トライ。
あっさりしょうが醤油でいただく、その肉刺身は柔らかくておいしかった~

あ~満足。やっぱり和牛は最高!
つくづく思いました。私は正真正銘のお肉大好き肉食男子です。

-未分類

Copyright© AppDJ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.